スキンケアインフォメーション49

  1. >
  2. 初めてのスキンケア

初めてのスキンケア

まず1番大事な事は、自分の肌に合ったものを探して使う事です。

どんなに評判が良くても自分に合わない物を使っては意味がありません。

サンプル等がある場合は積極的に使ってみるべきだと思います。

気になるからと本体を買う、それが肌に合わなければ代金や余計な肌トラブルになるという失敗はよくある話です。

安いから駄目高いからいいというのは、スキンケア商品には当てはまらないと思います。

自分の肌と相談してもっともあったスキンケア商品を使う事それがスキンケアの第1歩だと思っています。

ノンアルコールだからって、良いわけではなかった話

私は一つの基礎化粧品を長く使うことにしています。

なので、その化粧品の内容が変わってしまうと、とても困ってしまう。

以前、エチルアルコールを使った普通の基礎化粧品が、流行に則ってノンアルコール処方に変わってしまいました。

肌に優しいと言うので、大丈夫だろうと、ちょうど使っていた分が切れてしまったので、新しい処方のほうを買って試してみました。

ところが、それがひどく痒い。

肌になじまない。

それから、別の化粧品に切り替えることにしましたが、見つけるのが大変でした。

肌が弱く、合わない化粧品もある身としては、あのアルコールの件は痛手でした。

結果、おばあちゃんの代から変わらず売られているという基礎化粧品が、安価だったのもありますが、試してみて、それが合うので、そちらにチェンジ。

ただ、その会社も最近、ノンアルコール処方のバージョンも出ました。

お願いだから、アルコール処方のものを消さないでほしいと、常々願って暮らしています。

忙しくても最低限のスキンケアを

子育て中で暇がなく、自分の顔の保湿は、二の次で、子供の肌に塗り終わった保湿剤の残りを塗ってやり過ごしたことが数ヶ月ありました。

とにかく乾燥してなきゃどうにかなる、なんて考えていましたが、ある時自分の顔を鏡で見て驚愕。

肌はくすんで、乾燥はしていないまでも、保湿がされている状態ではなく、10歳ぐらい老けたように見えました。焦って化粧水と乳液を引っ張り出してきてつけると、肌が生き返ったような感じがしました。

スキンケアは大事だと身にしみた瞬間でした。

知れて良かったこと

先日、初めて肌のお手入れについての講座へ行ってきました。

それは就活に向けてのメイク講座のついでに行われたものなのですが、意外と詳しく教えて頂けてとても勉強になりました。

肌を強く拭くとその刺激から皮膚を守ろうとして、表面に黒ずみが出来るそうなんです。

これまで化粧水も乳液も結構適当に手でポポポンと済ませていた私は思わずギクリとしました。

その他にも、人間は頬から水分が減っていくので、化粧水は頬に多めに染み込ませた方がいいなどとても為になることを教えて頂きました。

やっぱり知らないよりは知っている方が、肌に対する意識が変わってきますね。

これからはスキンケアに充分を気をつけたいと思います。